写真提供:スタジオセルフィット


osusume.png

new-entry.png

よくある質問:靴&鞄編(12)

Q.就職活動用のバッグについて質問です。
就職活動でナイロン製のバッグを使っている人を良く見かけます。
ホームページにおススメでレザーのバッグが載っていたのですが、ナイロン製ではいけないのでしょうか?
もしナイロン製でよければ、オススメのバッグはありますか?

Anser.

実際にナイロン製もよく使われています。
本当に活動用と割り切ってしまえば、ナイロン製でも問題はないでしょう。
また、もし外回りの金融系営業職(保険や証券など)を希望されている方は、丈夫で機能的なナイロン製のバッグの方が今後役に立つ可能性もあります。
研究員的に合格の就職活動用のバッグが最近CM等でおなじみの「wa&co」さんで見つけたので参考にしてください。現在、クリスマスセール中のようです。この値段ならゲットしちゃっても良いですね。



就職活動に最適なナイロンバッグの紹介です。手頃なプライスとシンプルなデザインがおすすめです。

注意:質問に対する解答は、すべての人に当てはまるものとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

私服で面接を受ける場合 VOL.3

先日、日本経済新聞の取材を受け、その記事が先週の夕刊に載りました。

取材の際に、記者の方とお話ししていて、私服面接のルーツの話題になったのですが、個人的に考える私服の面接のルーツは、IT業界の台頭と関わりがあるのではないかとコメントしました。
旧来のビジネススタイルを大きく変えたのは確かです。
やはり、若いIT系経営者の台頭で、「ノーネクタイでお仕事」がトレンドになった昨今(クールビズの影響もありますが)、企業側は採用姿勢も個性を引き出すスタイルに変わり、優秀な人材を獲得しようと必死です。
もともとカジュアル系のアパレル業界は私服面談(というより服装自由)での対応が多かったのですが、最近では、お固い会社でも私服面接を取り入れ始めました。
確かに学生の「素」の状態を観察しやすい私服での面談は、個性を引き出すには最適です。
しかし、それを逆手に取れば、学生にとっても個性を発揮しやすい場となります。
もちろん、ただ普段着で面接すれば良いという訳ではないのは皆さんお判りかと思いますが、リクルートスーツに比べれば、自分を表現しやすいのも事実です。

皆さんは自分の個性をどのように考え、どのようにアピールしようかと考えますか?
次回は、私服面談の際に気を付けたい点を、ファッションの観点から考察します。


ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場